茨木ひかり歯科ブログ
BLOG

毎日歯磨きしているのに、なんとなく歯が黄ばんできたように感じることはありませんか?

今回は歯の着色汚れや変色の原因について詳しく解説していきます。

歯が着色・変色する原因

 

歯が黄ばむ原因

【1】コーヒーや紅茶、赤ワインなどの飲み物

コーヒーや紅茶、赤ワインには歯の黄ばみや着色の原因となる。タンニン、カテキン、ポリフェノールなどの成分が含まれています。これらの成分はウーロン茶や緑茶にも含まれていますので、歯を白く保ちたい方は注意が必要です。

 

【2】カレーなど色の強い食べ物

カレーに含まれているターメリックは歯が黄ばむ原因となります。

また、ケチャップやソースなどには合成着色料が含まれており、歯の着色汚れの原因になります。

 

【3】神経が死んでいる

歯の内部には歯髄という神経があります。

神経は歯に栄養素を送る役割をしますが、この神経が死んでしまったり、神経の治療をして取り除いてしまうと、徐々に黒っぽく変色していきます。

 

【4】タバコ

タバコの中にはタールが含まれており、喫煙するとタールが歯に沈着していきます。

 

【5】加齢

年齢が上がるにつれて、歯は黄ばんできます。

歯の表面のエナメル質の下には象牙質というものがあります。

象牙質は黄色い色をしており、加齢とともに象牙質の色は濃くなります。

そして歯の表面のエナメル質が徐々にすり減って薄くなると、象牙質そのものの色が透けて歯が黄色く見えます。

 

【6】むし歯がある

むし歯になると、歯は黒っぽい色へと変色します。

しかし、急性のむし歯は黄色っぽい色をしています。

 

【7】薬による影響

イソジンなどのうがい薬には、ポピドンヨードが含まれており、それらが歯の着色の原因になります。

またテトラサイクリン系の抗生物質を服用すると、歯が灰色に変色します。

 

【8】遺伝性疾患

遺伝性疾患や、代謝異常によって先天的に歯が変色することがあります。

例えば、先天性ポルフィリン症や先天性梅毒、過ビリルビン症、上皮小体機能亢進症などがあります。

 

食習慣、生活習慣も見直しましょう

歯の着色や変色には食習慣からくるものもあれば、先天性のものまで原因は様々です。

タバコをよく吸う方は出来るだけ本数を少なくしたり、吸った後に歯磨きをすると着色のつき具合が少なくなります。

また、寝る前にお茶を飲んでしまうと、寝ている間に色素が沈着しやすくなります。

寝る前はお水程度にしましょう。

 

茨木ひかり歯科クリニック 院長 伊原 勝換

 

 
〒567-0014
大阪府 茨木市城の前町2-1
イオンタウン茨木太田店2F
  • JR総持寺駅から徒歩約10分
  • 阪急茨木市駅よりバス約10分
診療時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
関連歯科医院のご案内

医療法人光惠会
関連医院のご案内

ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック摂津院
ひかり歯科クリニック 摂津院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

野田駅前歯科クリニック
野田駅前歯科クリニック

大阪市福島区吉野3-1
JR環状線福島~野田間高架下

恵愛クリニック
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

治療別特設サイトご案内