一般歯科
GENERAL
TOPページへ  »  一般歯科
一般歯科とは?

一般歯科では、虫歯・歯痛・歯ぐきの腫れ・歯周病など幅広い治療を行います。
原則的には保険適用内での歯科治療になります。
当院ではカウンセリングを大切にし、患者さんに治療内容を丁寧に分かりやすくご説明し、ご納得いただいた上で治療を開始いたします。

歯が痛い
歯が痛い
歯ぐきが腫れた
歯ぐきが腫れた
歯の掃除をしたい
歯の掃除をしたい
虫歯の治療
虫歯の治療
歯周病治療
歯周病治療

などなど、歯のお困りならまずはご相談ください。

削らない、抜かない歯科治療を第一に考えた治療のご提供を心掛けます。
削らない、抜かない、歯を残す歯科治療を考えます。

歯医者での治療は削って抜くというのが、ひと昔前までは一般的でした。しかし、近年歯科治療技術の向上で、どのように歯を残すかという事を考える治療が浸透してきています。歯医者が好きという人は稀だと思います。
治療の痛みや恐怖を少しでも和らげ、歯医者への来院が苦痛にならないような治療を、最大限ご提供できるよう勤めています。

歯科検診・小児歯科
健康な歯を保つには専門家の診察は不可欠。
楽しい食事をいつまでも摂れるよう予防のための歯医者受診を推奨しています。
80才の日本人の歯の残存数は平均8、9本と言われています。
ご自身のケアだけでは健康な歯を生涯に渡り残すことは困難です。そのため定期的に歯医者に、
歯科検診といった歯を守るための受診を推奨します。
歯科検診
歯科検診

歯科医師や歯科衛生士による歯のお掃除とブラッシング指導。また、虫歯や歯周病の有無を検査・診断するのが歯科検診です。

小児歯科
小児歯科

子供のうちから虫歯にならない歯を育む予防歯科。フッ素塗布やシーラントで、将来のお口のトラブルを未然に防ぎます。

虫歯の治療について
歯が痛い・しみる…少しでも違和感を感じたら早めに歯医者へ
虫歯の治療は早期発見・早期治療が大切です。初期の虫歯には自覚症状がないことが多く、痛みを感じるころにはかなり進行していることも少なくありません。生涯自分の歯で美味しく食事をするためにも、痛みや違和感を感じたらすぐに歯医者を受診しましょう。
C1
エナメル質の虫歯
エナメル質の虫歯

歯のエナメル質に穴があいた状態です。自覚症状はほとんどありません。

    治療方法
  • 虫歯の部分を削り取り、歯科用プラスチック(レジン)などで補綴します。この段階で治療できれば歯への負担は少なく済みます。
C2
象牙質の虫歯
象牙質の虫歯

虫歯が象牙質にまで進行した状態です。冷たい水が染みるなどの自覚症状がではじめます。見た目も目立ち始めます。

    治療方法
  • C1と同様ですが治療範囲が大きくなり、虫歯の大きさによっては金属などでできた詰め物を装着します。
C3
神経に達した虫歯
神経に達した虫歯

虫歯が歯髄(歯の神経)まで到達した状態です。強い痛みを感じます。歯を残すのがギリギリ可能な状態です。

    治療方法
  • 歯の神経を除去し、根管の消毒と治療を行います。詰め物(インレー)または、被せ物(クラウン)で補填します。
C4
歯根だけになった虫歯
歯根だけになった虫歯

歯髄が壊死、歯の根元だけが残っている状態です。放置すると根の先、顎の骨にまで病変が達し、歯ぐきや顔まで腫れ激しい痛みを伴います。

    治療方法
  • 多くの場合、歯を残すことが難しくなります。抜歯後は入れ歯やインプラントなどを装着します。抜歯後そのまま放置すると歯が倒れ、噛み合わせに支障がでてきますので最後まで治療しましょう。
このような症状があればお早めにご相談下さい!
冷たいものや、甘いものがしみる
歯がずきずきと痛くて噛めない
歯を舌で触ると凹凸がある
歯が乳白色や茶褐色に変色している
食べ物が詰まりやすくなった
虫歯治療は早期発見・早期治療する事で、身体的にも経済的にも負担が少なく治療できます。
歯周病の治療について
日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です。
ある調査では、30代の3人に2人が歯周病だというデータがあります。歯周病は自覚症がないまま進行していくので、気づいた時には手遅れというケースもある怖い病気です。定期的に歯科検診を受診することで歯周病を未然に予防しましょう。
健康な状態
健康な状態

歯と歯ぐきの間に程度なすき間があります。歯ぐきはきれいなピンク色です。

軽度の歯周病
軽度の歯周病

歯肉炎といわれる状態です。歯の周りの組織に炎症が起き、歯磨きなどで出血することがあります。

中等度の歯周病
中等度の歯周病

歯ぐきの炎症が進み、歯根膜や歯槽骨にまで炎症が広がった状態です。歯肉が後退するため、歯が長くなったように見えます。

重度の歯周病
重度の歯周病

歯を支える歯槽骨が半分以上溶けてなくなり、歯がグラグラし、最悪の場合歯が抜けてしまいます。口臭がひどくなります。

治療方法
歯周病の検査
歯周病の検査

歯周ポケットの深さ(mm)や出血の有無、歯石の付着具合などを調べます。必要に応じてレントゲン撮影もおこないます。歯周病の進行度合いや歯を残すための方法を診断します。

歯のお掃除
歯のお掃除

歯石(プラーク)が付着している箇所を特殊な器具を使用して除去していきます。歯石除去をすることでプラークがつきにくい状態にし、口腔内を正常な状態に改善させます。

ブラッシング指導
ブラッシング指導

歯周病予防には、日々の歯磨きが非常に重要になってきます。歯科医師、歯科衛生士による歯磨き指導で、ご自身に適した正しい歯磨きを習得して頂きます。

更に進行した歯周病には『歯周外科』という選択肢
更に進行した歯周病には『歯周外科』という選択肢

中等度以上に進行した歯周病に対して行う処置を『歯周外科』といいます。スケーリングではどうしても取り切れなかった歯石やプラークを、歯肉を切開し歯の根を見える状態にして確実に取り除きます。歯周病により顎の骨量が少なくなっている場合は、骨を補填する治療『骨造成』を行います。

舌の痛みや痺れの改善
舌の痛みや痺れなどの症状は
舌の痛みや痺れにお悩みではありませんか?
舌痛症は歯医者で改善できます!

舌が定期的に痛くなる・舌がヒリヒリする・舌が火傷のように熱い・舌がザラザラするなどの症状は『舌痛症』という病気です。舌が痛むけど何科に相談すれば…という方は歯医者に相談してください。
舌の痛みの原因はお口の中にあることが多く、口腔内を改善する事で症状を緩和させる事が可能です。少しでも気になる点がありましたら、当院へお気軽にご相談ください。

知覚過敏の治療
知覚過敏の治療
冷たい水がしみる、甘味や酸味の強いものがしみるなどのトラブルは知覚過敏かも知れません。

冷たい水が歯にしみたり、物を噛んだり当てたりした時に痛みが起こる症状は『知覚過敏』かも知れません。
知覚過敏は、食事がストレスになったり、歯磨きが億劫になったりと、二次的な症状を誘発させる可能性があります。症状が続くようであれば、歯医者で適切な処置と指導を受けましょう。歯医者では、フッ素塗布、象牙細管の開口部の狭窄・封鎖、コーティング剤塗布、レジン充填などで症状を改善します。

〒567-0014
大阪府茨木市城の前町2番地1
イオンタウン茨木太田店2階
  • JR総持寺駅から徒歩約10分
  • 阪急茨木市駅よりバス約10分
診療時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
関連歯科医院のご案内

医療法人光惠会
関連医院のご案内

ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック摂津院
ひかり歯科クリニック 摂津院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

野田駅前歯科クリニック
野田駅前歯科クリニック

大阪市福島区吉野3-1
JR環状線福島~野田間高架下

恵愛クリニック
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内