茨木ひかり歯科ブログ
BLOG

フッ素は乳歯が生えてきたら使用できますが、フッ素濃度に注意が必要です。

今回はお子さまの年齢とフッ素濃度について詳しく解説していきます。

何歳からフッ素は使える?

0歳~1歳頃

0歳~1歳頃は、まだうがいができないため、低濃度のスプレー式のフッ素をお勧めします。

100ppmほどの濃度のスプレー式のフッ素を歯ブラシに吹きかけて、軽くブラッシングしてあげてください。

濃度が薄いためゆすぐ必要はありません。

 

2歳~3歳ごろ

2歳~3歳頃にかけて奥歯が生えてきます。

少しずつうがいもできるようになっているでしょう。

この時期になったら、ジェルタイプのフッ素を使うと良いでしょう。

 

おすすめはCheck Upシリーズです。500ppmの濃度のジェルタイプを使用しましょう。

できれば軽くでもブラッシングしてあげてから、ジェルタイプのフッ素を歯ブラシにつけて、歯の表面に塗ってあげてください。

その後うがいはしない方が効果的です。

3歳~小学校上がるまで

3歳以上になるとお子さま自身でも歯磨きをするようにし、特に夜寝る前は大人がしっかり仕上げ磨きをするようにしてください。

糸ようじなども使って、歯と歯の間の汚れもしっかり落とし、500ppmのジェルタイプのフッ素を歯に塗ってあげましょう。

 

就学後

小学校に上がったら、950ppmの濃度のフッ素を使用すると良いでしょう。

Check Upシリーズにはさまざまな濃度のフッ素の歯磨き粉が販売されているため、お子さんの成長に応じて濃度を増やしてあげると良いでしょう。

歯医者さんでのフッ素塗布はいつ頃からできる?

ご家庭で使用するフッ素は、安心して使用できるよう低濃度です。

一方、歯科医院で使用されているものは、濃度の低いものから9800ppmの高濃度のフッ素まで置いてあります。

歯医者ではお子さまの年齢に合わせたフッ素を塗布しますので、3歳頃から歯科検診を兼ねフッ素塗布に定期的に通うようにしましょう。

3か月~4か月に1度、歯医者に通うことで、むし歯になりにくく、健康的な口腔内を維持できますよ。

 

また、お子さまのお口のケアや歯並びについても、歯科医師や歯科衛生士にお気軽にご相談ください。

 

茨木・JR総持寺の歯医者・矯正歯科

茨木ひかり歯科クリニック 院長 伊原 勝換

 
〒567-0014
大阪府 茨木市城の前町2-1
イオンタウン茨木太田店2F
  • JR総持寺駅から徒歩約10分
  • 阪急茨木市駅よりバス約10分
診療時間
10:00-13:00
15:00-20:00
  • ※休診日/祝日
  • ※最終診療受付は午前診療は12時30分、午後診療は19時30分まで
  • ※受付は診療開始の30分前から
関連歯科医院のご案内

医療法人光惠会
関連医院のご案内

ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック摂津院
ひかり歯科クリニック 摂津院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都歯科クリニック
彩都歯科クリニック

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

野田駅前歯科クリニック
野田駅前歯科クリニック

大阪市福島区吉野3-1
JR環状線福島~野田間高架下

恵愛クリニック
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

治療別特設サイトご案内